チャンピオンズカップは2013年までジャパンダートダービーという名称で行われていた国際G1レースのことで、
2014年からチャンピオンズカップに名称変更された日本におけるダートレースの最高峰のレースです。
チャンピオンズカップになってからの高額の払戻金も出ています。

2015年のレースはデムーロ騎手騎乗の単勝12番人気の牝馬のサンビスタが1着になり馬連では万馬券の高額の払戻金になりました。
ジャパンカップダートからさかのぼっても最高配当になっています。
また牝馬がこのチャンピオンズカップを制覇したのも史上初の快挙で競馬ファンに衝撃を与えた一戦です。
一着から三着をズバリ当てる様式では31万の高額払戻金になりました。

100円が31万円になるという大きな夢があるのも競馬の大きな魅力だと思います。
このチャンピオンズカップは中京競馬場で1800メートルのレースで行われていますが、
以前のジャパンカップダートは東京競馬場で2100メートルで最初は行われていました。
途中から阪神競馬場に変更されて距離も1800メートルに変わって行われ、
今までは比較的荒れない固めのレースでしたが2015年はサンビスタの激走と1番人気のコパノリッキーも着外に沈み、
ダートの帝王と言っても過言ではないホッコータルマエも5着に終わったので高額高配当馬券になりました。
競馬は実力のある馬でもその時の調子で全く走らなかったり、逆に今まで全く走らなくて人気のない馬が急に一着になったりと
予想も難しくレース前にいろいろ分析しても馬券が当たらないことのほうがはるかに多いと思います。

芝で行われるレースと砂のダートで行われるレースの2種類が競馬では行われていますが、
比較的芝の華やかなレースに比べて砂のダートレースは地味な印象は今までぬぐえなかったと思います。
しかし最近ではダートレースも海外のドバイで行われる世界最高峰のダートレースに日本馬が毎年といっていいほど参戦していて、
世界と比べても遜色ないレベルになってきていますので日本におけるダートレースも今まで以上に注目されてきていると思います。
騎手の駆け引きや馬の能力はもちろんのことですが、レースまでに最高の状態に馬を仕上げる調教師やスタッフなど
様々な人の夢を乗せて走る競馬の魅力はなんともいえない素晴らしいものがあります。
これからも日本のダートホースの頂点を決めるチャンピオンズカップは注目のレースです。